Mr.Kitamura & Ms.Betsuyaku「遊び心をちりばめた
大人のアットホームウェディング」

北村様・別役様

ご自身でコンビニエンスストアを経営されているご新郎様と、ベテラン美容師のご新婦様。そんな『大人』なおふたりの少人数ウェディング。
ゲストは、おふたりの出会いのきっかけを作ってくれた行きつけの料理屋の皆さま、苦楽を共にされた仕事の仲間、古くからのご友人、そしてご家族。
そんな気の置けない、これまでお世話になった皆さまを招いてのウェディングは、リアルに『ふれ合う時間』を大切にした、ご自宅に招いたかのようなウェディングを目指してプロデュースをスタートさせました。

Keywordキーワード

遊び心をちりばめた 大人のアットホームウェディング

Motifビジュアルモチーフ

ナチュラルな素材・手作りの温かさ

Decorationデコレーション

①お席に着くまでに『3つの笑顔』を作るためのデコレーション
1.ウェルカムフォトブース
→堅苦しくない迎賓にするため、遊び心のあるフォトブースを設置。新郎新婦とのファーストコンタクトからリラックスした笑顔。

2.お花のエスコートカード
→受付でもらったお席へのエスコートカードが、そのままテーブルのデコレーションに。可愛い仕掛に思わず笑顔に。

3.エントランスに写真展示
→おふたりとゲストとのヒストリーフォトを展示。あの頃を懐かしむ笑顔。タイムスリップする想いを持って会場へ。

②ボタニカルにデコレーションされたメインテーブル。

Original Produceオリジナル演出

過度な演出は好まないおふたり。テーマはさりげなさ
・あえて、『新郎新婦入場』はなく、ウェルカムスピーチからスタート。
→最後に来られたゲストと共に会場内へ入り、そのままメイン席へ。まずはおふたりからのおもてなしの言葉で始まる結婚式。

・新郎新婦からゲストを紹介
→少人数の結婚式だからこそ、隣に知らない人がいると気まずいもの。新郎新婦がゲストとゲストをつなげていきます。

・ゲストにサプライズ!おふたりへお祝いの一言メッセージ
→テーブルラウンドをしているときに、おふたりを目の前にゲストから一言お祝いのメッセージを頂きました。

・ご新婦様からご家族へのメッセージは、ご家族席のそばで。
→通常、メインテーブルから末席のご家族へ向けて読まれるメッセージ。すぐそばでお伝えすることで、より温かい時間に。

Venue会場

土佐バル

Shooting撮影

フォトアトリエ ヴァジー 加川雅也カメラマン

Staff Commentsスタッフコメント

Planner
南園 英治

人生経験が豊富で、とてもしっかりとされているおふたり。パーティの雰囲気作りにも、自分たちが『主役』ではなく『ホスト』となって、いかにゲストへおもてなしができるかを重視されていました。そんなおふたりのお気持ちを大切にして、さりげなく、でも想いのこもったアイテムや演出にこだわり、一つ一つ作り上げていきました。当日は、本当におふたりの家にお招きしているような、アットホームでリラックスした空気を作ることができ、おふたりとゲストの皆さまが料理や会話を楽しむ様子が印象的でした。特にテーブルラウンドをされているときのサプライズメッセージで、マイクを渡されたご友人や仕事仲間の方が、思わず声をつまらせている場面に感動しました。
『ふれ合う時間』を色々な角度で重ねることで、想いが通い合う結婚式になりました。

OTHER CASE

pagetop